お得 畑が応援できる野菜セット

野菜たっぷりの食卓は、毎日の元気の源です。季節の野菜をセットでお届けする「ベジタ」が皆さんの豊かな食生活をちょっと“おトク”に応援します。

選べる野菜セット

1週間分の野菜が届く!
大地を守る会の人気NO.1野菜セット

野菜セット
ベジタとは

1.旬の野菜が届く

旬の定番野菜は味が濃くしっかりとしており、普段あまり買わないような旬野菜が届くこともあって楽しい。

2.レシピ付き

シンプル調理でも十分おいしいのですが、レシピ付きで調理が簡単!

3.単品よりお得

ベジタで購入すると、単品で注文するより平均5%お得(※1)。ボリュームと品種のバランスを考えたセットでお届けします。

(※1)野菜の不足によりセット販売価格に達しない場合は減額してお届けします。

4.豊作をシェア

畑でたくさん収穫できた野菜を余さず食べる。「食べて畑を応援」しませんか。

  • 少人数のご家庭向き
    「ベジタS」

    【お届け内容(例)】

    葉菜 葉物1パック、キャベツ1/2コ(※)、サニーレタス1コ
    根菜 人参2本
    果菜 トマト2コ、きゅうり3本
    旬の野菜 ブロッコリー1コ

    1セット(7品目)
    価格 1,580円(税抜)

  • 大型野菜をカットした、
    少量多品目セット「ベジタM」

    【お届け内容(例)】

    葉菜 葉物1パック、キャベツ1/2コ(※)、サニーレタス1コ
    根菜 人参2本
    果菜 トマト2コ、きゅうり2本
    旬の野菜 ブロッコリー1コ、なす2コ、お楽しみ1品

    1セット(9品目)
    価格 1,880円(税抜)

  • ボリュームたっぷりの野菜セット
    「ベジタL」

    【お届け内容(例)】

    葉菜 葉物2パック、キャベツ1コ(※)、サニーレタス1コ
    根菜 人参2本、大根1本
    果菜 トマト2コ、きゅうり3本
    旬の野菜 ブロッコリー1コ、なす2コ

    1セット(10品目)
    価格 2,350円(税抜)

※箱に入らない場合は半分にカットしてお届けする場合あります。

お客様の声

会員の声飯塚さんのレタスが大好き。しゃきしゃきしてみずみずしくて甘みがあって、これを食べると今年も春が来たなぁと感じます。出会いのきっかけはベジタ。それまで添え物だったレタスがあまりにおいしくて主役になりました。洗ってちぎるだけでニンマリ……ですが韓国海苔をざくっと和えるナムルサラダが私の定番です。(ぽかぽかさん)

会員の声うちのごはんは野菜始まりの献立。ベジタまかせで決めています。自分で選んで買うより野菜との一期一会が楽しめてレパートリーも増えました。雪下人参(※)もベジタで知ってから入ってくるのを楽しみにしています。普通の人参よりくせがなくて生で食べるのが本当においしい。丸ごと1本を自分用に、ナッツと混ぜてサラダにしています。(eikoさん)
※ 北海道の雪掘り甘人参

※2019年3月25日掲載

商品一覧

表示:
表示:


なるほど台所帖

よく野菜や果物をまとめ買いするのですが、保管に迷うことがあります。上手な保存方法を教えてください。(横浜市・F.Mさん)

畑の姿に近づけることが“保存”です

野菜や果物は収穫後、皆さんのお手元に届いてからも生きています。その活動を急に止めてしまうのではなく、少しでも続くような環境にしてあげることが上手な保存方法です。たとえば、さつまいも、じゃがいも、里芋はもともと、熱帯や亜熱帯地方の原産ですから、寒さに弱く冷蔵は禁物。風通しの良い冷暗所で保存します。葉付人参や大根も、根部分の水分が葉を通して蒸発してしまうので、届いたらすぐに切り分けて別々にしておきましょう。

冷蔵庫内は冬の外気よりも乾燥している!?

冷蔵庫の保存で注意したいのが湿度です。家庭用冷蔵庫内の湿度は約20%と、なんと冬場の空気よりも乾燥しています。そのため野菜や果物をそのまま入れてしまうと、水分がどんどん失われてしまいます。特にしおれやすい葉物野菜は、湿らせた新聞紙に包んだり、ポリ袋に入れたりして水分を維持することで、みずみずしい食感が長持ちします。これは果物も同様で、水分が多く含まれる梨やぶどうもポリ袋に入れてから冷蔵庫に入れて保存します。



青果品の注意事項

● 天候・育成状況・販売状況によって生産者・産地や農薬使用状況が変更になる場合があります。
● 商品情報に示してある果物の個数は目安です。特に、大きいものや小さいものをお届けする場合は変わることがあります。
● 栽培の状況により、大きいもの、小さいもの、少し傷のあるものなどが出荷されることがあります。その場合、価格を下げてお届けすることもあります。
●生産物の農薬使用状況(予定)について本紙以外のカタログ、注文書においても、次の表示をしています。
 「有機」…日本農林規格に基づいた有機農産物の認証を受けた農産物
 「無」…栽培期間中節減対象農薬(※)不使用(購入種苗を除く)の農産物。
 「減」…大地を守会有機農産物等生産基準に則って、使用できる農薬の種類や回数を制限して栽培された農産物。
 (※)節減対象農薬とは、化学合成農薬のうち有機JAS規格では使用不可能な農薬です。詳しくは「あんしんの約束」をご覧ください。

※数量に残商品数が表示されていても、ご注文が確定されるまでは、商品のご購入が確約できているわけではありません。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ