伝統的粗放養殖のエビ。使いやすいむき身

  • エコシュリンプ(ブラックタイガー)(むきみ)
  • エコシュリンプ(ブラックタイガー)(むきみ)_2
  • エコシュリンプ(ブラックタイガー)(むきみ)_3
  • エコシュリンプ(ブラックタイガー)(むきみ)_4
  • エコシュリンプ(ブラックタイガー)(むきみ)_5
  • エコシュリンプ(ブラックタイガー)(むきみ)
  • エコシュリンプ(ブラックタイガー)(むきみ)_2
  • エコシュリンプ(ブラックタイガー)(むきみ)_3
  • エコシュリンプ(ブラックタイガー)(むきみ)_4
  • エコシュリンプ(ブラックタイガー)(むきみ)_5

エコシュリンプ(ブラックタイガー)(むきみ)

19ポイント

冷凍

1,180(税抜)

200g

ご注文・ご予約

数量

その他

薬剤不使用の粗放養殖で育てたエビ。使いやすいバラ凍結のむき身です。

生産者情報など: オルター・トレード・ジャパン(東京都新宿区)
次回取扱予定: 2月4日お届け週
原材料:

うしえび【インドネシア】

アレルゲン情報: えび
原産国: インドネシア
  • ※売り上げ金のうち10円は、「互恵のためのアジア民衆基金」として積み立てます。
有機・無・減、ほか各種マークについて

エコシュリンプのおいしい理由

エコシュリンプのおいしさの特徴は、 プリプリの食感、しっかりとしたうまみ、くさみのない豊かな香り。エビ本来の味を生かすために、一般的に使用される保水剤や黒変防止剤は使用していません。高鮮度のまま、現地の加工場で凍結され、一度も解凍することなく、皆さんの元へお届けしています。

粗放養殖育ちでうまみが濃く食感ぷりぷり。

海水と淡水が混ざる栄養豊富な河口域で、自然のままの広々とした環境で育てるから、うまみ十分。保水剤(※1)や黒変防止剤(※2)は不使用です。
※1.魚介類の保水性を向上させるpH調整剤
※2.食品の酸化による変色等を遅延させる酸化防止剤

エコシュリンプのサイズ仕分け、殻をむいて背ワタを取る(左)
洗浄・選別・殻むき・最終チェックをし、急速冷凍へ(右)

1回凍結・高鮮度! 手作業と技術の合わせ技でくさみなし!

整備の整った近代的な工場で、手作業でていねいに異物を取り除いた後、高鮮度のまま凍結。一度も解凍することなく、お届けします。

生態系と共存するエビ養殖

日本は世界屈指のエビ消費大国。そのエビの大半は、アジア各国から輸入した養殖エビです。これらの輸入養殖エビは、商社や多国籍企業により、狭い池で人工飼料を与えて短期間で大量生産をする、近代養殖で育てられています。また、養殖池を作るために、マングローブ林を伐採、大量の飼料・薬剤・エビの排泄物による水質汚染も深刻で、環境破壊は後を絶ちません。こうした問題を背景に、1992年に産声を上げたのがエコシュリンプです。エコシュリンプは、「粗放養殖」といわれる、300年以上の歴史がある伝統的な養殖方法で育てられます。広大な養殖池は、護岸をしない土のまま。水は海水と淡水が混ざる栄養豊富な河口域にあるため、潮の干満を利用して入れ替えます。また、餌は池に生息するプランクトンや、自生する水草で、人工飼料は与えていません。エコシュリンプの養殖は、まるで“日本の田んぼ”のように生き物にあふれ、人々の暮らしや地域の自然と共存した持続可能な方法です。エコシュリンプの天然に近いおいしさも、可能な限り“自然のまま”の環境から生まれました。

『互恵のためのアジア民衆基金』 ~フェアトレードから一歩すすんだ支援~

2009年12月設立。エコシュリンプの売り上げ金の一部は、アジア各地のフェアトレード商品の産地を支援するための基金に充てています。

エコシュリンプ(ブラックタイガー)(むきみ) のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン