ふっくらと肉厚な「西のとろあなご」。とろけるようにやわらかで美味

  • 西のとろあなご 煮穴子カット
  • 西のとろあなご 煮穴子カット_2
  • 西のとろあなご 煮穴子カット_3
  • 西のとろあなご 煮穴子カット
  • 西のとろあなご 煮穴子カット_2
  • 西のとろあなご 煮穴子カット_3

西のとろあなご 煮穴子カット

冷凍

868(税抜)

80g

ご注文・ご予約

数量

その他

今週取扱なし(次回:2月25日お届け週) 

長崎県対馬の近海、西沖のアナゴはエビなどを食べて育つため、肉厚で脂のりが良いのが特徴です。本品は、「対馬水産」が漁師から直接買い付け、現地工場で加工。そのなかでも、特に大きいアナゴの肉厚な部分を食べやすいサイズにカットし、特製ダレで煮付けました。とろけるような食感を、アナゴ丼でご堪能ください。

生産者情報など: 対馬水産(長崎県対馬市)
次回取扱予定: 2月25日お届け週
原材料:

まあなご、清酒(米、米こうじ、食塩)、砂糖(さとうきび)、しょうゆ(小麦【カナダ】、大豆【北米諸国】、食塩【メキシコ・オーストラリア】、米)、発酵調味料(米、米こうじ、食塩(天日塩【メキシコ】))

アレルゲン情報: 小麦・大豆
漁場: 対馬
有機・無・減、ほか各種マークについて

  • 長崎県対馬の近海・西沖のアナゴは、エビなどを食べるので、ふっくら肉厚に育ちます。脂のりも良く、奥深い味わいが特徴。本品は、そのなかでも特に大きく身の厚い部分を使っています。
  • 舌の上でとろけるようなやわらかさは、まさに「西のとろあなご」。甘めの特製ダレが、アナゴのふくよかなうまみと絶妙にマッチ。あつあつごはんにのせて丼にする他、お酒のおともにも。(水産担当 青木 文雄)

とろーりとろける穴子丼などに「西のとろあなご」


本品のアナゴは、大陸棚の深みに生息するもので、魚体を傷つけない対馬伝統のカゴ漁を行う漁船のものだけを選びました。一度蒸してふっくらと煮付けたあと急速冷凍しているので、袋のまま湯せんすれば、適度な弾力がありつつ、ほろりとやわらかな煮穴子をご堪能いただけます。

対馬伝統のカゴ漁は網漁と違い、魚体に傷を付けず高鮮度を保てる優れた漁法。
食品添加物を使用せず、ほんのり甘く、職人がていねいに煮付けています。

水産担当・浅海おすすめ!簡単「穴子まぜめし」の作り方

普段通り炊き込みごはんを作り、刻んだ煮穴子を混ぜるだけ。本品は、やわらかいため、少量の油をひいたフライパンで両面を焼いてから刻むと身が崩れません。ぜひお試しください!

西のとろあなご 煮穴子カット のレビュー

商品の感想や、オススメの食べ方、生産者への応援メッセージなどを投稿できます。

レビューを書く
ログイン